JA広島信連のご紹介

トップページ > JA広島信連のご紹介 > JA広島信連の体制と方針 法令遵守の体制

JA広島信連の体制と方針 法令遵守の体制

コンプライアンス(法令遵守)の運営

コンプライアンスとは、一般に「企業が企業活動を行うに際して関係法令等を厳格に遵守することをはじめ、社会的規範を全うする」という意味で用いられています。
その目的は違反行為等を未然に予防したり未然防止のための仕組みを構築することにより、企業の業務運営の遵法性を高めて、経営の健全性を確保し社会全般からの信頼を確立していくことにあります。
当会は、コンプライアンスに基づいた業務運営の遂行にあたり、役職員一人一人の行動指針となる「コンプライアンスにかかる基本方針」を制定するとともに、コンプライアンスを実現するための具体的な手引書「コンプライアンス・マニュアル」を策定、役職員が自覚を持った積極的なコンプライアンス運営にあたっています。

コンプライアンスにかかる基本方針

Ⅰ 本会の社会的責任と公共的使命の認識

本会のもつ社会的責任と公共的使命を認識し、健全かつ適切な事業運営の徹底を図る。

Ⅱ 会員等のニーズに適した質の高い金融等サービスの提供

「JAバンクシステム」の一員として、ニーズに適した質の高い金融および非金融サービスの提供並びに「JAバンク基本方針」に基づく指導等を通じて、県内JA系統信用事業を支援することによりその役割を十全に発揮し、会員・利用者および地域社会の発展に寄与する。

Ⅲ 法令やルールの厳格な遵守

すべての法令やルールを厳格に遵守し、社会的規範にもとることのない、公正な事業運営を遂行する。

Ⅳ 反社会的勢力の排除

社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対しては、毅然とした態度で臨み、これを断固として排除する。

Ⅴ 透明性の高い組織風土の構築とコミュニケーションの充実

経営情報の積極的かつ公正な開示をはじめとして、系統内外とのコミュニケーションの充実を図りつつ、真に透明な経営の重要性を意識した組織風土を構築する。

Ⅵ 職員の人権の尊重等

職員の人権、個性を尊重するとともに、安全で働きやすい環境を確保する。

Ⅶ 環境問題への取組

資源の効率的な利用や廃棄物の削減を実践するとともに、環境保全に寄与する金融サービスを提供するなど、環境問題に取り組む。

Ⅷ 社会貢献活動への取組

信連が社会の中においてこそ存続・発展し得る存在であることを自覚し、社会と共に歩む「企業市民」として、社会貢献活動に取り組む。

クレジットポリシー

当会の与信業務については、当会の基本的使命・役割を踏まえつつ、その基本方針(クレジットポリシー)を制定し業務の遂行を行っています。 与信を行うにあたっては、以下のことを基本原則としております。

クレジットポリシーの基本原則

  1. 農業協同組合法はもちろんのこと、関連する法令や会内諸規定を遵守し、社会的規範にもとることのない、誠実かつ公正な与信を行う。
  2. この連合会の公共性と社会的責任を認識した健全な与信を行う。
  3. 取引先の信用力、資金使途の妥当性、返済能力、与信の集中度合い等を十分に把握検討し与信を行う。
  4. リスク・リターンを踏まえた適正で安全な収益が確保できる与信を行う。
  5. 取引先と相互の成長発展に寄与する効果的な与信を行う。
  6. 資金が固定化することのないように流動性に配慮した与信を行う。

「経営者保証に関するガイドライン」への対応方針について

経営者保証に関するガイドライン研究会(全国銀行協会及び日本商工会議所が事務局)が公表した「経営者保証に関するガイドライン」を踏まえ、当会は、お客さまと保証契約を締結する場合、また、保証人のお客さまが本ガイドラインに則した保証債務の整理を申し立てられた場合は、本ガイドラインに基づき、誠実に対応するよう努めて参ります。

本ガイドラインの詳細については以下のURLをご参照ください。

ページトップに戻る